当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook

 

家の中にコオロギがいる時があり、少しずつ秋の気配を感じている、スタッフの宗宮です :-D
 

知り合いの子供さんは片頭痛があるそうです。頭痛薬を時々飲むそうなのですが、どの薬をどのように飲むとよく効くのか分からないとの言葉に、大人の私も返答に困ってしまいました :-(
2009年にはコンビニやスーパーでもお薬が手軽に買えるようになりましたが、絶対的な薬の知識が不足していると感じています。

 

そんななか、中学校の新学期指導要領が20124月から実施され、医薬品について学ぶ『くすり教育』が始まったそうです!

 

授業では、医薬品の主作用と副作用についてと、使用法を守って使うことの大切さを学ぶそうです。

学校薬剤師の畑中範子さんは、グレープフルーツジュース入りのコップに粉薬を振り掛けるとどうなるかといった実験を行われるそうです。結果は、音を出して泡立ち始めます 8-O これは、薬に含まれる重曹とジュースの酸が反応して、二酸化炭素が発生するからだそうです :-P また、お茶に鉄剤を入れると黒く濁ることや、湯に入れた錠剤と座薬の溶け方の違いを観察する実験を通して、お薬をで飲む大切さを伝えるのです。

岐阜薬科大学の寺町ひとみ准教授は、生徒一人一人に薬の空き箱を渡し、用法用量を書き出して正しい飲み方について伝えるのです。

 

薬の飲み合わせによっては副作用が起こることもありますので、わからない薬はインターネットで副作用を調べることも大切ですよ ;-)
 

新学習指導要領                    http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/index.htm

ハイパー薬辞典(副作用検索)    http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

参考記事                                 http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120827153905474