当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook



もしもあなたが「つらいけど、どこに行ったらいいのかわからない」と迷っておられるのであれば、是非一度、いちえ鍼療院のはり治療をお試しください。

伝統医学と最新の研究をもとにした”痛くないはり治療”で、あなたの症状を楽にするお手伝いをいたします。

特に、なかなか治りにくい、五十肩神経痛そして、腱鞘炎に対し、

「その効果は絶大」 と多くの患者様からご支持をいただいております.

また、脱毛症脳梗塞後遺症のリハビリなど、

どこに行っても治らないとあきらめている症状のあなた様、是非一度”はり治療”をお試しください。

頑張るあなたに健康で元気な毎日を楽しんでいただけるお手伝いをするのが、
いちえ鍼療院の幸せです。

あなた様のご来院を従業員一同 お待ちしております。


はり治療とは、あなた自身がお持ちの

自然治癒力や生体制御機構を活性化する治療法です。

当院では、使い捨ての小さな細いはりを、経穴や反応点に刺すことにより、

体の痛みだけではなく、免疫防御力や体の調節能力や自然快復力などを高める治療を行います。

体の本来持っている機能を高める治療法なので副作用がなく安心・安全に症状を治していきます。

また、自身の能力を高め病気にかかりにくい体を作る健康法でもあるのです。

ですので、治療をすればするほど、元気で病気にならない体になっていくのです。

 

★全身に作用させる生体制御療法

生体制御療法とは、生体に鍼による物理刺激(physical acupuncture)を与え、生体内に有する各種調整機構を正常にリセットをすることを目的とした健康維持・疾病予防・疾病改善・疾病から社会復帰まで幅広く応用できる治療法であります。

だから、健康維持・疾病予防・疾病改善・疾病からの社会復帰まで幅広く応用できる治療法なのです。

詳しくは、東洋医学研究所HPをご覧ください。


 

★ほかの症状も治します

全身の調整をすることで、あらゆる症状を緩和し、体全体が健康に改善していきます。だから、思いがけない症状が治っていくことがあります。

たとえば、五十肩でご来院のかたが、便秘や冷え性が改善することもめずらしいことではありません。

神経痛で治療を始めたかたが、風邪を引かなくなったなど疲れにくくなることもあります。

 

★養生法・健康法である

はり治療の大きな特徴の一つに、健康維持のために病気でなくても治療を続けることにあります。治療を継続することにより、体質が改善・強化され病気にかかりにくい体になります。また、病気になっても軽い症状に抑えられ、早く回復するのです。はり治療は、治療法でもありながら、養生・健康法でもあるのです。

 はり治療を、病気を治すことだけでなく、健康管理にお役立て下さい。

★痛みに対して即効性があります。

はり治療は、痛みに対して即効性があります。条件にもよりますが、当院では来院時の痛みをまず半分にすることを目標にしております。2回目ご来院の時にまたその半分、3回目ご来院の時にそのまた半分にすることを目標にしております。さらに治療間隔を短くすることで、早期に回復していきます。早くなおしたい、○日までに試合・大会があるから何とかしたいとお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

 

★ 早く効果が現れる人の特徴

  1. 症状が出始めて日にちが1ヶ月以内である
  2. 体の疲れがあまりない
  3. 治療間隔が短い(週に2回を推奨)
  4. 普段の生活の無理が少ない

ほとんどの患者様に、“はり治療は痛くないの?” と質問されます。はりを刺すということを怖がられることは仕方のないことです。

なぜなら、今までの経験で、注射は痛い、縫い針で刺さった経験がある、トゲがささって痛かった、蜂に刺されて痛かったなど・・・

”はり”という言葉は、痛みというイメージが強く連想される言葉だからです。

しかし、同じ注射でも、予防接種などで打つ注射と点滴の注射では痛みの強さが違うことをご存じですか?

体験された方ならおわかりだと思いますが、実は”はり”の痛みの強さは、太いほど痛いのです。

今病院でも痛くない注射針が開発されました。その大きな特徴も”はり”がとても細いことなのです。

当院で使用する”はり”は髪の毛と同じくらいの細さです。だから、あなたが想像されているよりずっと痛みはありません。

ご来院の患者様の多くが、はり治療に痛みが無いことに驚いております。そして、痛みが早くとれていくことに大変喜ばれております。

“お客様からの声”のコーナーでは、初めてはり治療を受かられた方のアンケートを載せてあります、実際の感想をぜひ一度見てください。

 











はり治療は、はりを刺すだけの治療法ではありません。じつは、”はり”でこすったり、たたいたりすることでも効果があります

小児はりという治療法は、特殊な器具を使っておこなう刺さないはり治療です。

当院は、小児はりをおすすめしています。なぜなら、小児期(0才から12才まで)は、体作りにとってとても大切な期間だからです。

0才から3才までは、体内環境が整備されていくとても重要な時期です。この期間に食欲不振や睡眠障害があるとその後の人生に大きな影響を与え、虚弱な体で一生悩まされる可能性もあります。だから、早い時期から体の内部を鍛えておく必要があるのです。

3才から12才は、身体(骨格・筋肉)を整えていく時期です。この時期には、よく食べ・よく動き・よく寝ることがとても重要です。また、風邪やインフルエンザなどにかかりやすい時期でもあります。

はり治療は、皮膚をさする刺激を与えて、免疫力を高め、快復力を高め、自律神経の調整をすると考えられています。子供は、感受性が高くさするだけでも十分に効果が期待できます。

はり治療で、元気な成長をするお手伝いをさせていただきます。

小児はりをすることによって、以下の症状の改善が期待されます。気軽にお問い合わせください。
  • かんの虫
  • 夜尿症
  • 冷え性
  • かみつき
  • いらいら
  • 食欲不振
  • 腹痛
  • 下痢
  • 風邪を引きにくい体作り

いちえ鍼療院は、我国で唯一の鍼灸医学における法人格を持つ社団法人全日本鍼灸学会の認定制度の資格を有しており、日々学会活動及び 鍼灸治療に 対する技術、技能、学術の向上を目指して努力しています。

認定制度は、学会員の鍼灸医学に関する学術ならびに資質の向上を生涯にわたって図ることを目的として平成11年度から施行された生涯研修システムを内包した制度です。

鍼灸医学は、我が国の伝統医学です。医学・医療の職種は、その本質において、人の人生に何らかの影響を及ぼす職業であります。それだけに他の職種よりも厳しい倫理が社会から求められます。

医の倫理の実体が人間愛と技術愛であるとすれば、当然ながらそこに関わる者として、常に学術ならびに資質の向上を図ることは当然の責務であります。

会員1人ひとりのたゆみない営為によって学術は確実に発展し、臨床においては安心と安全、そして適切な診療を提供することができるものと考えています。

・・・全日本鍼灸学会HPより

認定制度は、認定制度履修基準を満たした学会に参加し、5年間で80点以上取得し、さらに試験に合格して与えられる資格です。

有効期限は5年間であり、継続して学会等の勉強会に参加しなければ資格を失います。

いちえ鍼療院は、認定を過去2回の取得をしており、10年以上継続して学術団体の学会に参加し、勉強しております。

現在 西濃地方では、当院を含め3人の鍼灸師の先生が取得されておられます。

継続した勉強をすることで、多くの患者様に正しい鍼灸医療を提供していきたいと思っております。


リハビリ治療を受けたいが通院が困難な方(ひとりでは出歩けない、寝たきりなどの介助が必要な方)のために、ご自宅まで訪問してはり灸やマッサージを施術するサービスです。

医療保険(健康保険)を使ったサービスですので、介護保険の限度額を気にせずにご利用頂けます。介護保険の訪問リハビリと併用も可能です。その方の疾患やからだの状況に合せて行うはり灸、医療リハビリマッサージです。

こんな方はご相談ください。
  • 脳梗塞の後遺症で半身麻痺になり、痛い・辛い思いをしている
  • 脳出血後遺症でも何とか動けるようになりたい。
  • パーキンソン病・アルツハイマー病の病気の進行を遅くしたい
  • リハビリをしたいけれど、介護保険限度額いっぱいで受けられない
  • 脳梗塞後遺症のリハビリを病院で受けていたが、180日を過ぎてしまって終了してしまった。
  • 寝たきりで、関節に痛みがでてきた。
  • 介護で動かそうとすると痛がり、介護が困難になってきた
  • 寝たきりでひざ関節が拘縮してしまい、着替えやおむつの交換が難しくなってしまった。
  • 介護で腰を痛めたので、もっと楽なやりかたを指導してほしい。
  • 家族でもできるリハビリのやりかたを教えてほしい
上記のお悩みがひとつでもある方、まずは初回無料施術をお試しください

詳しくはこちらをクリック

当院の場所はこちらです。