当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook

頭痛は大きく分けると、脳や体に病気があって起こる「症候性頭痛」と、頭痛もちの頭痛といわれる「機能性頭痛」の2つに分けられます。

そして、鍼灸治療にかかわりの深い「機能性頭痛」には、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などの種類があります。

緊張型頭痛

日本では成人の22%が悩んでいる頭痛です。頭痛の原因の7~8割を占めるといわれ、中高年に多く、はっきりした性差はありません。頭痛の頻度は月に数回程度から毎日とさまざまです。

『原因』
不安・抑うつなどの精神的なストレスや、姿勢の異常などによる身体的なストレスにより、首や頭の周りを取り巻く筋肉が収縮し緊張が高まります。すると血液の流れが悪くなってこりの状態となり痛みが起こります。この痛みがさらに筋肉の血流を悪くし、悪循環を引き起こすため頭痛はだらだらといつまでも続きます。

『症状』
いつとはなしに始まり、だらだらと持続する頭痛です。部位は頭部から首筋にかけて痛むことが多く、頭全体であったり、はちまき様のこともあります。痛みの程度は軽度から中等度で日常生活への影響は軽度です。痛み方は圧迫感や頭重感が特徴で「鉢巻をしているような」「帽子をかぶっているような」と表現されます。

片頭痛

成人の1割弱が片頭痛であるといわれています。女性に多い頭痛で男性の4倍です。子供の時から始まることが多く、頻度は月に1~2回程度で繰り返し起こります。

『原因』
血管説、神経説、三叉神経血管説の3つの説があります。
①血管説はセロトニン(動脈を収縮させている物質)が発作により体の中から減ると、動脈が拡張し、拍動するたびにまわりを取り囲んでいる神経を引っ張るため「ズキンズキン」とする頭の痛みを引き起こすという説です。
②神経説は脳の特定三叉神経血管説の部位に神経活動の 抑制が起こり、さらに頭部を支配する三叉神経が刺激されて頭痛が起こるという説です。
③三叉神経血管説は何らかのきっかけにより血管のまわりの三叉神経が刺激され、痛み物質が頭の血管に放出されます。その結果、血管の拡張と炎症がおこり頭痛が起こるという説です。

『症状』
頭痛の部位は、片側のこめかみから目のあたりに起こり、波打つように「ズキンズキン」と痛みます。ひどくなると頭全体に拍動感のない持続的な痛みとなります。日常生活がとても続けられないほどの痛みで、ひどい場合には寝込んでしまいます。日常的な動作や入浴、体操は痛みを悪化させます。しばしば吐き気や嘔吐を伴い、光や音に過敏となります。

群発頭痛

30歳代の男性に多いタイプの頭痛で、年に1~2回、あるいは2~3年に1回起こりますが、いったん起こり始めると1~2ヶ月間連日のように群発するのが特徴です。

『原因』
片頭痛と同じように「血管が拡張して痛む頭痛」と考えられています。

『症状』
睡眠中に起こりやすく、頻度は1日1回、約1時間で自然に治まります。痛みの部位は片方の目、目の上、こめかみのあたりで、その痛みの程度は「えぐられるような」激しい頭痛です。発作中、頭痛の側の目が充血したり、涙が出たり、脹れたり、鼻がつまったり、鼻汁が出たりします。
片頭痛と違って吐き気や嘔吐はありません。

-頭痛に対する効果-

昭和44年4月1日より昭和47年3月1日までの3年間に東洋医学研究所®に来院された患者の中の1336例について、黒野所長が鍼と超音波の併用療法による各種疼痛性疾患に対する効果などを詳細に研究し、これを症病別に集計しました。
その中で頭痛に対しての結果は、患者16名のうち9名が著効、1名が有効、5名がやや有効、1名が無効となり、15名の方に効果がみとめられたため、有効率は93.8%でした。
以上のことから、上記のような頭痛に対する鍼治療の効果が実証されています。
是非、鍼治療を試してみて下さい。

適応症の連載を始めさせて頂いてから、現在までに73の疾患について紹介させて頂きました。その間に約6年が経過し、疾患に関する新しい情報や、鍼治療効果の研究などが報告されてきました。
そこで平成21年7月から、これらの新しい情報に加え、患者様の役に立つワンポイントアドバイスを、新しく連載させて頂きたいと思います。

引用HP 東洋医学研究所  http://www.touyouigaku.org/c/zutu/01.htm

コメントをどうぞ