当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook

スタッフの宗宮です。昼間は暑い日が続き、夏バテになりそうです :cry: まだまだ暑さはこれからですね。今年の夏は女子会でビヤガーデンに行こうと考えています♪暑い時は暑い場所で、たまには季節を感じながら食事をするのもいいですね :-D
 

しかし、暑い日はどうしても涼しい場所を求めがちです。暑いところから涼しいクーラーの効いた場所に入ると、とても快適で外に出るのが嫌になりますね。ですが、クーラーの効いた部屋に長時間いると、体が冷えてかえって体が疲れてきます。この状態が続くと『冷房病』という体の不調がおこります。今回はこの冷房病についてご紹介します。

 

冷房病とは、エアコンによる体の冷えすぎと、冷房の効いた室内と暑い戸外との温度差に体がついていけなくなることによって起こる、自律神経失調症の一種だと考えられています。私たちの身体は、夏になると体内での発熱をおさえ、さらに熱を逃がしやすい体質へと変化しています。つまり、毛細血管を広げ放熱しやすくし、汗をかいて体温を下げようとします。そのため、急に冷房の効いた室内に入っても、血管が縮みにくいため体内の熱が逃げて体が冷えすぎてしまうのです。体温調整や発汗などは自律神経がコントロールしていますから、自律神経のバランスが崩れると、「冷え」に対しての抵抗力が弱くなってしまい、あらゆる体の不調を引き起こすのです。

 

冷房病の主な症状は、体の冷え、頭痛、肩こり、だるさ、胃腸障害、腰痛、手足のむくみ、不眠など。また、免疫力が落ちることで風邪をひきやすくなったり、ホルモンバランスの乱れから月経不順を起こしたりすることがあります  :-(
 

このような不調を起こさないために、日頃の対策はとても大切です。冷房病の予防ポイントは8つあります。

1)エアコンの設定温度は2528を目安にし、寒さを感じないレベルにする。

2)エアコンのきいた部屋と外気との温度差は34が理想的。

3)エアコンの風には直接当たらないようにする。

4)腹巻や厚手の靴下など、服装で自衛する。

5)エアコンのきいた場所では温かい食べ物・飲み物を摂る。

6)適度に体を動かし、血流の改善を促す。

7)シャワーより入浴する(低めの湯温で)。

8)ストレスをためないようにする。(腹式呼吸でリラックスする)

 

これらのことに気をつけながら、暑い日を元気にのりきりたいですね。アイスクリームやカキ氷など冷たい食べもののとりすぎにもご注意ください。また、家にいるときはなるべくクーラーを使わず扇風機を活用し、夏らしく汗をかいて生活することも大切ですね :-P