当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook

 

スノーシーズンが終わり、クライミングの一種であるボルダリングを始めました。凄く奥が深いことを知り、すっかりハマってしまったスタッフの坪井です :-D

 

当院には肩の痛みで来院される方が、数多くいらっしゃいます。今回は鍼の保険適応である五十肩についてご紹介します。五十肩はなかなか治らないので、鍼灸で治療される方が多く、当院にも軽症から重症の方まで幅広い患者様が来院されます。しかし、よく五十肩は四十肩と言うことがありますが、この二つは何が違うのでしょうか?

 

実は、四十肩と五十肩の症状は全く同じです。洗濯物を干す動きや、髪を洗う動きで痛みがでます。五十肩は退行性変化(加齢による物質の代謝障害で、細胞・組織の機能低下がおこること)によって肩関節の周りの筋肉などに変化がおこる病気です。この退行性変化は五十代前後に起こりやすい組織変化なので、いわゆる五十肩と言われるようになりました。しかし、最近は、運動をする機会が少ない人は、四十代でも肩周りの筋力不足によって、五十肩になる人がでてきました。この為、五十代以前に発症する症状を四十肩という名前で区別するようになりました。

 

五十肩の正式な病名は、肩関節周囲炎といいます。いわゆる、肩周りの筋肉の炎症です。 肩の関節には、いくつか炎症を起こしやすい部分があります。 肩甲骨と上腕骨のつなぎ目である肩関節は、カフ筋と呼ばれる4つの筋肉(肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋)があります。この4つの筋肉が、加齢とともに炎症や部分的な断裂がおこりやすくなり、肩の痛みや動きの制限が出現するのです。 

 

五十肩は治りにくい疾患の一つです。痛みによって動かさなくなり筋肉が硬くなったり、痛みがあるのに無理に動かして炎症を悪化させるなど、日常生活にも悪化させる原因が多いことも治りにくい要因の一つです :cry:
 

腕を上げたり、手を腰に回した動きで痛みや違和感を感じるようになれば、五十肩の危険信号です。また、運動不足により、五十代以前の若い方でも症状を引き起こす可能性がありますので、日頃から体を動かすことを心がけたいですね :-P