当院にはこんな症状の方が
来院されています。
■日常の体調管理・健康管理
■脳梗塞後遺症
■薬を減らしたい方
■不眠症
■頭痛
■五十肩
■各種神経痛
■腰痛
■眼精疲労
■首・肩のこり
■手足の冷え症
■手足のむくみ
facebook

 

犬のトリマー見習いをしている娘が、時々練習用のトイプードルを家に連れてきます。とても人なつこくてかわいいです :-D 運動不足の私は散歩に行くのが楽しみなスタッフの宗宮です♪

 

これからの時期、乾燥肌に悩まされる人が多いと思います。私も乾燥肌で、特に手足がカサカサになります。ハンドクリームを塗ってもあまり変わりません :cry: そこで今日は乾燥肌対策についてお伝えします。

 

通常乾燥肌などの皮膚の病気は、汗や紫外線・高温などの影響が大きい夏、または乾燥肌の厳しくなる冬に増える傾向があります。例年なら秋は一年を通して比較的皮膚の状態がいい時期です。しかし、今年は天候不順の影響で、九月末から皮膚トラブルを訴える人が増えているようです :-| 神戸大学医学部付属病院皮膚科で皮膚疾患が専門の尾藤利憲医師は、『夏から秋にかけて昨年より雨が少なく、気温が高い時期が続いたため、乾燥肌が増えているのではないか』と言われています。冬の本格的な乾燥シーズンを前に、今から生活を見直し、乾燥対策を始めるのが効果的です。

 

乾燥肌対策として大切なことが大きく分けて五つあります。

一つ目はに対するスキンケアです。常に露出している顔は特に乾燥しやすい為に、十分な保湿ケアが必要です。洗顔直後はローションで保湿成分を補給することが大切です。

かといって、洗浄力の強い洗顔料やオイルクレンジングは、肌の表面にある角層が傷みバリア機能が低下して乾燥が進んでしまうので注意が必要です。

二つ目は入浴後のスキンケアです。入浴後は肌から水分が蒸発しやすくなっています。ただ、入浴直後は汗がひかず保湿剤を塗ってもベタつきが残ます。肌が落ち着く10~15分以内に保湿剤で全身をケアしましょう。

三つ目は寝具の見直しです。良質な睡眠のために、パジャマやシーツを見直すのもお勧めです。化学繊維の衣類は静電気が起きやすく、乾燥肌の場合はちくちく感や痒みを引き起こしやすいため、肌に刺激の少ない天然素材を選ぶのが良いです。

四つ目は体の中からの乾燥対策です。ビタミンCは皮膚の弾力を保つコラーゲンの生成を助け、シミを作るメラニンの生成を抑えます。抗酸化作用のあるビタミンEは老化防止に効果的です。一方で、香辛料やアルコールは、発汗誘発や血管拡張作用・脱水作用などにより、体内の水分を失いやすくなります。肌の乾燥が気になり始めたら、食事にも気をつけることが大切です。

五つ目は住宅内の環境管理です。適度な室温を保つために加湿器や空気清浄機を活用するなど、湿度の調節を心がけましょう。また、ほこりは痒みをひきをこす要因の一つです。季節の変わり目には使っていなかったエアコンのフィルター掃除も忘れないようにしましょう!

 

私は最近、自分に合った洗顔料を見つけました。半年以上使っていますが、調子がいいです。肌質は人それぞれ違うので、自分に合ったスキンケアを選ぶのも大切ですね!また、肌の乾燥は内臓の病気が引き金になっていることもあるので、乾燥肌と言って軽く考えていると大変な事になる可能性もあるので、しっかり注意しましょう :-P
 

 

肌の乾燥を伴う病気  http://www.medical-certificate.net/061/066/

症例図鑑 「乾燥肌」 http://allabout.co.jp/gm/gc/325123/